聖フランシスコの嘆き(1325年:ジョット・ディ・ボンドーネ)