Category: ヤン・ホッサールト

ヤン・ホッサールト(1478年-1532年:享年54歳)
 
ルネサンス期のフランドル人画家。出身地のモブージュからヤン・マビューズ ともいわれる。1503年にアントウェルペンの芸術家ギルド聖ルカ組合に加入を許されたときには自身のことをイェンニン・ファン・ヘネホウと呼称していた。ルーカス・ファン・レイデンと同時代の画家で、トゥルネーやブリュッセルで活躍した初期フランドル派の巨匠ロヒール・ファン・デル・ウェイデンらの作品に影響を受けている。ホッサールトにはファン・デル・ウェイデンの絵画のような、建造物を背景とした構成の作品が多い。