Category: マニエリスム

マニエリスムとはルネサンス後期の美術で美術史の区分としては盛期ルネサンスとバロックの合間にあたります。イタリア語のマニエラ(手法・様式)に由来する言葉です。マニエリスムは、盛期ルネサンス芸術の明快で調和の取れた表現とも、バロック芸術の動感あふれる表現とも異なった特有の表現として位置づけることができる。