Category: ピーテル・クラース

ピーテル・クラース(1597年-1660年:享年63歳)
 
オランダ黄金時代に活躍した画家。アントウェルペン近郊のベルヘムで生まれ、1620年にその地の聖ルカ組合のメンバーとなった。彼に関して両親の名前やどこで訓練を受けたか等は伝わっていない。1621年にはハールレムに移り、そこで息子(後に風景画家となったニコラース・ベルヘムが生まれている。[1]ピーテル・クラースと静物画で知られるウィレム・クラース・ヘダは共にハールレムで活動したが、両方とも朝食図で知られている。ピーテル・クラースの初期の作品は色彩豊かであったが、後年になってもっと落ち着いた色合いに変化していった。彼の静物画は多くの場合寓意的な意味を持っており、描きこまれた頭蓋骨が人間の生命の儚さを表すなどしている。