Category: ヤーコプ・ファン・ロイスダール

ヤーコプ・ファン・ロイスダール(1628年-1682年:享年54歳)
 
17世紀のオランダの画家。近年のオランダ語の発音ではラウスダールと表記される。森林、海岸、田舎道などさまざまな風景を描いているが、国土が平坦で起伏の少ないオランダの風景においては、必然的に空と雲が重要な要素になる。彼の風景画は、地平線を低めにとって、さまざまな空と雲の表情を描写し、光と大気の効果を追求したものが多い。