Category: ロココ

美術史で使われた用語で、バロックに続く時代の美術様式を指す。18世紀、ルイ15世のフランス宮廷から始まり、ヨーロッパの他国にも伝えられ、流行した。ロココはロカイユに由来する言葉である。ロカイユは岩の意味で、洞窟(グロッタ)に見られるバロック時代の庭園に造られた貝殻と岩を凝集させた装飾を施された岩組のことであった。それが転じて、1730年代に流行していた、貝殻の曲線を多用する繊細なインテリア装飾をロカイユ装飾(ロカイユ模様)と呼ぶようになった。ロカイユ装飾は、イタリアの貝殻装飾に由来すると考えられているが、植物の葉のような複雑な曲線を用いた特有のものである。