Category: ジョン・コンスタブル

ジョン・コンスタブル(1776年-1837年:享年61歳)
 
19世紀のイギリスの画家である。カンスタブルと表記することもある。コンスタブルは終生故郷サフォーク周辺の身近な風景を描き続けた。野外での制作を始めたこと、刻々と変化する光の効果を捉えようとしたこと、パレットで色を混ぜ合わせるのでなく画面上に異なる色価の筆触を並べる(たとえば微妙に色調の異なる緑のタッチを併置する)など、その制作態度や技法は印象派に先駆するものといえる。代表作『乾草の車』は画家の地元サフォークの平凡な風景を詩情豊かに描き出したもので、1821年に母国のロイヤル・アカデミーに出品した時は全く話題にならなかったのに対し、1824年にパリのサロン(フランスの官展)に出品された時は絶賛を浴び、ロマン派の画家ドラクロワにも大きな影響を与えている。