Category: アルノルト・ベックリン

アルノルト・ベックリン(1827年10月16日-1901年1月16日:享年73歳)
 
19世紀のスイス出身の象徴主義の画家。19世紀末のヨーロッパの美術界はフランス印象派の全盛期であったが、戸外にキャンバスを持ち出し、外光の下で身近な風景を描き出した印象派の画家たちとは対照的に、文学、神話、聖書などを題材に、想像の世界を画面に表そうとする象徴主義の画家たちも同時代に活動していた。ベックリンはこうした象徴主義・世紀末芸術の代表的画家の1人である。