Category: 抽象主義

抽象主義絵画は、写実主義絵画の限界を基点に急速に発展したと考えられる。現実世界の再現をやめて、色や形に本来備わっている造形性や自己の内面を追及するようになることで抽象主義的絵画が誕生することになる。