Category: ボナール

ピエール・ボナール(1867年10月3日-1947年1月23日:享年79歳)
 
ナビ派に分類される19世紀~20世紀のフランスの画家。ポスト印象派とモダンアートの中間点に位置する画家である。版画やポスターにも優れた作品を残している。ボナールは一派の画家(ナビ派)の中でも最も日本美術の影響を強く受け、「日本的なナビ」と呼ばれた。また、室内情景などの身近な題材を好んで描いたことから、エドゥアール・ヴュイヤールと共にアンティミスト(親密派)と呼ばれている。