Category: ニンフのカリスト

カリストーあるいはカッリストーは、ギリシア神話に登場するニュムペーである。日本語では長母音を省略しカリスト、カッリストとも呼ぶ。イタリア語ではカッリスト (Callisto) 。「最も美しい」の意で、この名前は女神アルテミスの添名でもあったことから、アルテミス自身の分身的な性格を持っていたと考えられる。アルカディア王リュカーオーンの娘で、ゼウスとの間にアルカスを生んだ。