Category: オルカーニャ

オルカーニャ(1308年頃-1368年:享年60歳頃)イタリア
 
オルカーニャことアンドレア・ディ・チョーネ・ディ・アルカンジェロは、イタリア、フィレンツェの画家。作品にはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会ストロッツィ礼拝堂にある『聖母と聖者たちと救世主イエス・キリスト』の祭壇画(1354年 – 1357年 )と、「イタリア・ゴシックのこの種の作品の中では最も完璧な作品」と言われるオルサンミケーレ教会のタベルナクル(天蓋付き壁龕)(1359年完成)がある。オルカーニャのフレスコ画『死の勝利』は、フランツ・リストの協奏曲の中でも最高傑作と評価の高い『死の舞踏』にインスピレーションを与えたと言われている。オルカーニャの弟子の中には、14世紀のピサの画家、ネッロ・ディ・ヴァンニがいて、彼もカンポサントで仕事をした。ネッロ・ディ・ヴァンニは、ベルナルド・ネッロまたはジョヴァンニ・ファルコーネと同一人物であると推測されている。