Category: ルドヴィーコ・カラッチ

ルドヴィーコ・カラッチ(1555年-1619年:享年64歳)

ルドヴィコ・カラッチはボローニャで生まれた。その地でプロスペロー・フォンターナの徒弟をした後、フィレンツェ、パルマ、ヴェネツィアに旅し、またボローニャに戻った。1585年、従兄弟のアゴスティーノ・カラッチ、アンニーバレ・カラッチと一緒にアカデミア・デリ・インカミナーティという、いわゆる折衷主義(en:Eclecticism in art)の絵画学校を設立・指導したが、学校とはいうものの、事実上は、徒弟を助手にした工房だった。しかし、この学校/工房出身の大勢の折衷主義画家たちが、ローマや他の都市で有名になった。とくに、16世紀後半のボローニャ派と呼ばれる画家たちを助成したわけである。ルドヴィコ・カラッチ自身の作品は、はっきりしたジェスチャーによってかきたてられる力強い雰囲気と、スピリチュアルな情緒を生み出す光のゆらめきが特徴的である。