Category: 預言者イザヤ

ユダ王国後期の人。ウジヤ王からヒゼキヤ王のころ活動した(イザヤ1:1)。また、歴代誌によれば、イザヤはウジヤの業績の書を書き記したと書かれている(歴代誌下26:22)。『イザヤ書』によればイザヤは結婚していて、その妻(ツィポラ)は女預言者と呼ばれていた(イザヤ8:3)。息子が2人おり、それぞれに神の啓示により象徴的な名をつけた(イザヤ7:3、8:3)。イザヤはユダの不正を糾弾し、バビロンへの流刑を警告した(イザヤ39:5–7、43:14)。しかし、イザヤ書はバビロンはキュロスの手に落ち(イザヤ44:28)、シオンは回復すると予告し(イザヤ40–66章)、メシアに関する預言を告げ(イザヤ7:14、9:7、11:1–5,10、53章など)、将来への希望を伝えた。