Category: ピラトの前のキリスト

ユダヤ人たちはキリストの身柄を、ローマ総督ピラトのもとへ送り、最終決定を迫った。尋問してもキリストはエルサレムの法律に触れているわけではない。ピラトはキリストを釈放しようとする。ちょうど過越しの祭りには罪人の恩赦が行われる。強盗バラバかキリストか。群集はバラバを恩赦にかけるよう叫んだ。ピラトは手を洗いながら、「この人物を磔刑にするが、私が決めたのではない」と言った。強盗バラバは釈放され、キリストは鞭打ちにに処せられ、磔刑へと向った。