ワンランク上の西洋絵画鑑賞術

西洋絵画を鑑賞するには知識が必要です。以下に挙げるような知識を蓄えていけば、絵画を単に眺めるのではなく、理解することが可能になります。

アトリビュート:絵画に書かれているヒトが誰かを表す目印。

アトリビュートが生じた理由。
1.近代以前(およそロココ以前)の絵画はパトロンからの発注を受け、制作者としての画家がいた。
2.絵画には高級なものと高級でないものといった階層があった。17世紀~18世紀フランスアカデミーが明確化。歴史画(神話画、宗教画、寓意画)←肖像画←風俗画←風景が←静物画の順。人物を正確に表現するのが高度な技術を要するから。さらに思想(宗教的教義)や物語(神話)といった教養がないと描けない絵が高位。
つまり、パトロンが描かせた絵画が、高級なものだと見極める記号が必要だったのです。